乌鲁木齐路。

ウルムチ路と読みます。

街中にある路の名前はどこかの都市の名前が付いていることが多くて

それは例えば、北京、上海と都市が違っても同じ名前の道があったりする。

〇〇銀座、みたいなもんなのかな。

上海のこのあたりは、フランス租界地だったエリアで

プラタナスの木が茂り、道に陰影をつくります。

建物も時代を感じさせるものが多くて、リノベーションされてる。

オサレなカフェの隣で、おっさんが半裸で食べ物売ってたりする。

路地には洗濯物が干してあったり、錆びた屋台の自転車。

日本の何倍ものスピードで急激に変化した中国の街は

歩いても歩いても見飽きないのです。

関連記事

  1. 『中国暮らし1ヶ月経ちました。』

  2. 初秋の爽やかスタイリング

  3. 春と冬の掛け合わせ。

  4. 夏のある日 路地裏で。

  5. A wonderland in an ordinary li…

  6. 夏の名残、多めバーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。