カラーと色彩心理とチャクラの不思議

色彩って本当に不思議。

赤いものを見ればやる気満々だなあと思い、
オレンジを見れば美味しそうだと思う。
緑茂る森を見ればフレッシュな気分になるし
空のブルーを見上げれば開放的な気分になる。

色は人の感情にスルリとアクセスしてくるのだ。

チャクラ、というのをご存知だろうか?
ヨガやアーユルヴェーダ、東洋思想には馴染みある概念。
イギリス発祥のカラーセラピー、オーラソーマでも必須の理論。

こちらのサイトでチャクラとは?についてわかりやすく説明されてます。
(参考文献の2冊は私もよく参考にしています。)

チャクラはその人の精神的成長と・身体の健康をサポートする
カラフルなパートナーのようです。

色彩は無意識と顕在意識をつないでくれる
目に見える存在。

色の数だけ、独自性があり
人は無意識で自分が補足したい要素を色で選んでいます。

洋服だけでなく、いつも選ぶ小物の色、目に止まるものの色
全てに自分の深層心理が表れちゃってるわけです。

そしてその色を使っているあなたを
周りの人が見てまた同じように影響を受けていきます。

その上で、あなたは何色を選んでいきますか?
ときには、定番だから、安心だから、ではなく
心に従って選んでみてくださいね〜。

関連記事

  1. 春と冬の掛け合わせ。

  2. 『オータムカラーがやってきた。』

  3. 上海:雰囲気をまとうパーソナルカラー講座満員御礼

  4. Color Column02 『ブランニューな自分はすぐ隣に…

  5. Color Column01 『色の効果がテキメンな理由』

  6. 2017年の流行色はグリーン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。