中国で学んだお金のこと

実は、ずっと無償で講座をやっていました。
場所代や通訳さんに払う人件費もかかっていません。

こんにちわ。パーソナルカラーリストの遠藤良子です。
気がつけば中国に越してからあっという間に1年が経ち、
ブログ更新も春から夏へ季節が変わっておりました。

この数ヶ月の間に、40人以上もの人を集めて、女性力講座を開くことも、
レストランのスタッフ向けの社員研修も3ヶ月経験させて頂きました。

私にとっては、はじめての経験で
お金を払ってでもさせて頂きたかったことばかりです。

交通費がかかる場合は、その分だけ。
だけど多くの人が次々と協力してくれて循環していきます。

場所は誰かが無料で提供してくれるし、
通訳は友人が好意で立ってくれる。
宣伝用のポスターやネット告知も
友人が得意な分野で手伝ってくれる。

参加者は無料で生き生きと学ぶ喜びを享受している。

これってすごいことなんじゃないかと思います。

中国にきて何を教えてもらったかって、

こういう仕組みができるという現実と可能性。
お金や価値提供の良いバランス。

以前の私だったら全部お金で解決しようとしてました。

お金がかからずに実現できた多くのことは、
私自身の価値を下げることなく、むしろ上げてくれました。

お金を否定したいわけでも、稼ぎたくないわけでも、
綺麗事を言いたいわけでもありません。

お金はとても大切で、生きるのに必要なものだけど
それだけに頼ることは違うんだと教えてもらえたのが良かった。

久々の投稿になりました。

お読みいただきありがとうございます✨

関連記事

  1. 友人と人脈の違い

  2. 『中国で終戦70周年を迎えて』

  3. 中国暮らしも2年と半分。

  4. 上海女子と中国茶

  5. 中国NewLife 01

  6. 『二度目の年末を迎えています』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。