『オータムカラーの取り入れ方:WINTERの場合』

こんにちわ。
ライフ&カラーコーチの遠藤良子です。

オータムファッションについて
各パーソナルカラー毎に似合うスタイリングや
カラーについて書いてきました。

オータムカラーがやってきた
オータムカラーの取り入れ方:SPRINGの場合
オータムカラーの取り入れ方:SUMMERの場合

今回はウィンターについてです。

ウィンターはまた他のシーズンとは違う
特徴があります。

ウィンタートーンとはこんな感じです。
image3

 

雪のような白さ深い闇の黒目が醒めるようなはっきりとした色。
華やかコントラストがはっきりとしています。

調和するトーンの中に白と黒があるのはウィンターのみなんです。

そんなウィンタータイプはこんな印象がある方です。

シャープで華麗ハンサムで華やかな印象です。

髪、瞳、肌、肌質は以下のようなトーンをお持ちです。

髪は濃いブラックで艶があります。
瞳は目ジカラ強く印象的で、
黒目と白目のコントラストがはっきりしています。

肌は非常に真っ白か、褐色がかっているかどちらか。
頬は、ローズがかっている人か色味を感じない人とこちらも
両極端です。

有名な方だと、柴崎コウさんや、大地真央さん、
荒川静香さん、黒木メイサさんなどが該当します。
大輪の華のような美人揃い!!

カラーのキーワードは
はっきり!くっきり!シャープ&クールのブルーベース。

イエローベースのオータムさんとは
調和するベースカラーが違います。

さて、、オータムとウィンターの共通点は何か?というと

色の強さです。

濃い色味が共通点です。
ただし、オータムはくすみがあってソフト、
ウィンターはくすみがなくヴィヴィッドです。

スタイリングにも各シーズンの特徴があります。

ウィンターのキーワードは、
コントラスト、シャープ、ドラマティックがポイントです。

オータムのリッチ感を頂いて、
色数を抑えながらコントラストのあるスタイリングをしていきましょう。

ポイントは4つ!!

①ベーシックカラーに黒か濃いグレイを使う。

→コントラストを出すために一番強めの色を使いましょう

②色は3色まで。

→ベーシックカラー2色に差し色にインパクトのある色。

③生地は質感のあるものを選ぶ。

→シルクやベルベッドほか、光沢があってしっとり重みある質感のあるものが似合います。

④アクセサリーは艶のあるシルバー!

→きらめきのあるシルバーやプラチナ、
石はクリスタルなど。光の反射でキラキラするようなものが似合います。

モノトーンを基調にしながらヴィヴィッドな色でコントラストを出します。
スタイリングにはカッコよさや華やかさを出していきます。

ブラックや濃いグレイのデニムパンツに、シルクの真っ白なブラウス。
グレイのファーのジレを合わせてもかっこいいですね。

赤や深いローズの口紅を差し色にしてもきっと似合います。

柄ものを取り入れるなら、モノトーンで色数を抑えて
帽子や小物などでコントラストを出しても素敵!

ドラマティックな気分が似合います。
舞台女優になった気分で
颯爽と街を闊歩してくださいね

 

関連記事

  1. パーソナルカラー診断でわかること

  2. 2016年春夏の流行色をチェック

  3. Color Column03 『一番よく聞く、みられたい姿』…

  4. ショッピングに行く、その前に。。。

  5. Color Column01 『色の効果がテキメンな理由』

  6. 上海:雰囲気をまとうパーソナルカラー講座満員御礼

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。