『くやしい気持ちのゆくえ』

こんにちわ。
ライフ&カラーコーチの遠藤良子です。
暑い日が続いていますね、みなさんいかがお過ごしですか?

中国に引っ越してから、ジムに週3で通っています。
痩せたいとか、体のためにというよりも
毎日エネルギーが有り余ってる感じがするから。

ここ数日はSNSばかりを見てたのだけど、
もう、もう、これは良くない。
この狭い世界が全てだと錯覚してしまう感じがヤバい。

で、ジムに行く事にしました。
頭を空っぽにするために。

そんなジム通いの中で
強烈な出来事がありました。
今日はそんな話をしようと思います。

いつものようにランニングマシンに乗ると
隣に女性がやってきました。
同じようなペースで彼女もスタート。
私はいつもみたく『30分走る』に集中することにしました。

ただ、はしる、走る、はしる、走る、、
で、またはしる。。。。。
すると、あと5分、、という時に
誤ってストップボタンを押してしまいました!!!!

!!、止まっちゃった!あと5分だったのに!!!

そしたら、、腹のそこから悔しさが込み上げてきました。
ちっくしょー!まだまだ走れたのに!!

慌ててまたマシンを動かした。
しかも、これみよがしにハイスピードにして。

気がつけば、私は隣の彼女に張り合っていました。
そして、自分のちっぽけなミスに猛烈に腹を立てていました。

久々に自分のネガティブ感情が噴き出した瞬間です。
コーチング的にはこんな瞬間、オイシイと思うのです。。。。

その悔しさと苛立ちの気持ちを自ら煽りました。
表情はどんどん険しくなって
踏み出す足に、怒りがこもります。

足は力強く地を蹴り、
マシンは軋みました。

そしたら、出てきた出てきた、
自分のコンプレックスや、
出来ていないことを攻める気持ち。
人を羨む気持ちもたくさん出てきた。

悔しい!悔しい!ちょーーーーーくやしい!
自分にだってできるんだ。
絶対にぜったいに絶対に、やりとげてやる。
絶対に1時間走ってやる!

およ、、、、なんか目標設定しちゃった。

そして、きっちり残り35分走って1時間走りました。
こんな長い時間走ったのは何年ぶりだろう。
肩で大きく息をして、呼吸を整えながらも頭がすっきりしました。

ただ、鬼の形相で走っていたと思います。(笑)

ちょっと長くなりました、けど
気づいたことが3つありました。

①くやしい気持ちこそ使える。
絶対に負けたくない、とか。絶対に手に入れる!とか
これだけは絶対!ってあると、土壇場の起爆剤になる。

お腹から込み上げるような強い気持ちって
そう簡単に出てこない。
(その予兆を我慢しちゃう事が多いから)

辛いことを乗り越えるために
くやしいと思う気持ちがあるんじゃないかなあ。

②人と勝負しても大した結果は出ない。自分との勝負が結果を出す。
もし、誤ってストップボタンを押さなかったら。。。
30分走って終了〜。でした。いつもどおり。

でも、悔しさから自分への挑戦に切り替わった途端に
想定の範囲を超えることができました。

想定の範囲じゃないところに行きましょう!

③やり遂げた先の風景は具体的なほど嬉しい。
もう自分には無理だーと思ってた1時間を走ってみて。
実は、それほど嬉しくなかったんです。

はて、何のため??って思っちゃって。

悔しさは起爆剤になるけど、
それ以上になぜそれをしたいのか?
どんなビジョンがあるのか?
これがあっての起爆剤。

私は、ジムに行く目的を明確にしようと思います。
だってせっかく行くんだもん。

もっと言うと
人生の目的をセットし直そうと
心に決めたのでした。

みなさんは、何のために自分の怒りや悔しさを使いますか?

もし、怒りや悔しさを感じていないとしたら、
その目的にはそこまで情熱がないのかもしれませんよ。

 

 

 

関連記事

  1. 喜びのある暮らし

  2. 自分が本当にほしいものは何か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。