『中国暮らし1ヶ月経ちました。』

中国に引っ越して1ヶ月が経ちました。

暮らすというより旅に来ているような
ところがあります。

部屋にある<東京>という日常は、
洋服と本とPCぐらいで、あとは借り物。
追加したのは新しいスマホぐらい。

地図も辞書も買い物も
人とのコミュニケーションも
ぜーんぶスマホでできる。
便利すぎて驚きます。

この街は19世紀後半〜20世紀前半にかけて、
9つの国の租界があった場所。
街のいたるところにヨーロッパを感じさせる
重厚な建物が今も使われています。
それもあって観光気分が抜けないのかもしれません。

テレビは、いつもニュースチャンネルを付けています。
残念ながら、詳細を述べられるほど理解できませんが、
世界のニュースの切り取り場所は
国によって違うのだなあと興味深く見ています。

私は毎日、好きなことだけをしています。

体を動かし、好きな服を着て、
街を歩いて、観察して、自撮り(最近ハマっている)をして、
ニュースを見て、本を読み、スケジュールを立て、
体が食べたいものを必要なだけ食べる。
家族を慈しんで、知り合った人々と
丁寧に関係をつくっていく。

大きな変化はありませんが、
小さな変化が積み重なってきました。

また少しずつご紹介していきたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

関連記事

  1. 上海:雰囲気をまとうパーソナルカラー講座満員御礼

  2. いわゆる駐在妻になったときの話

  3. 『中国で終戦70周年を迎えて』

  4. 中国NewLife 01

  5. 中国暮らしも2年と半分。

  6. 赴任前に決めたこと・やったこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。