Topic15 『手放しのプロセス大公開』

先日、山積みの高さが1メートルに及ぶ量(数ではない。。)
の洋服を数えられる枚数まで整理しました。

おしゃれが好きで、シーズン毎に買い足し続けた服は
数えられないほど量になっていました
ただ、季節の入れ替え毎に整理をしていたので、
必要を感じてなかったのです。

だって、全部お気に入りばかり。

そう、私は持ち物の中で一番
洋服に執着があったのです。

この度、引っ越すことになり
引っ越し業者にその量を見ていただいたところ
規定量をかなりオーバー・・・。

やむなく、整理を敢行したのでした。

3時間かけて終わってみると、
心の底からすっきり。
達成感と充実感に満ちて、
乾杯したい気分。

同時に執着(お気に入り)
手放すプロセスに気がつきました。

プロセスは5つだけ

①全体像を把握。
まず、持っているすべての服を山積みにしました。
全体量の把握とそれを客観視する機会になりました。

溢れんばかりの洋服の山はそれだけで
視覚的にインパクトもあり
これ、、多すぎない?と素直に思えました。

②目標設定する
これらをどこまで減らすのかを
具体的に決めました。

私は数えることのできる100着まで
減らすことにしました。

③選定理由を明確にする
何を基準にジャッジするかを明確にしました。
今回は、自分のシーズンカラーであること。
着るとテンションが上がること。

さらにテンションが上がる点を掘り下げると、
スタイルが良く見える、
上品に見える、
デザインが最近のもの。
具体的な理由になります。

さあ、スタート!。

④一着ずつ丁寧に見て決める。
選定基準があるので、わずか数秒で
残す・手放すが決まります。

が、、、

決まってもさらにどうするかを決めるため
じっくり洋服を観察。

気に入っててもくたびれてる服。
手放すけどまだ綺麗な服。

客観的に見れば見るほど、
洋服からどうしてほしいか
聞こえてくるような不思議な感じ。

ちなみに手放し先は、捨てる・譲る&譲る相手。
残し先は、クロゼット、引き出しのどちらに収納するのか
まで決めました。

⑤お礼を伝えて丁寧にたたむ。
不思議なもので、一着ずつ向き合う
洋服に対して心がこもります。

手放す服には、それらの望む先を。
残す服もこれから丁寧につきあっていこう
戦友のような気分になりました。

さあいかがでしたか?

『洋服』という言葉を
手放したいものに入れ替えて考えてみてください。

すべての物事に共通する感覚を感じませんか?

あなたは、何を残して何を手放しますか?

関連記事

  1. 『つたえたいことはひとつだけ』

  2. Topic05 『人がタイプ分けを好きな理由』

  3. Topic13 『あたりまえの事はあたりまえじゃない』

  4. Topic03 『目標を実現するためのカンタンなルール』

  5. にじみ出る個性でモテてしまおう!

  6. Topic09 『無駄だと思ってる事を本気でやってみる。その…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。