Topic13 『あたりまえの事はあたりまえじゃない』

東日本大震災から4年が経ちました。
2011年3月11日14時46分。みなさん何をしていましたか?

私は当時勤めていた会社のオフィスで
15時から始まる会議の準備をしていました。

6階のオフィスはかなり揺れて、
殆どの人がデカイなあと言いながら、
ある人は机で、ある人は本棚を押さえながら、
過ぎるのを待っていたように思います。

私は地震が大の苦手で、1人半ベソ状態で
テレビを点けてください〜!と言いながら
地震の揺れを感じないようにその場で踏み足をしていました。
(しかもそれを笑われた!!)

そんな怖い思いをしたのに、
おさまってからあたりまえのように
15時からの会議の準備をして会議室に向かっていました。

その直後大きな余震があり、
ビルのアナウンスに促されて避難をしました。

徒歩で帰宅中に見た、
渋谷駅前の人の溢れ方や幹線道路に連なる人の塊。

食事をする場所も尋常なく混んでいて、
人はこういうときにまず食事をするのだなあと
感心したことなどが強烈に記憶の中にあります。

同時に、ただ怖がっていた自分を
色んな人が助けてくれてことも思い出します。

事実を受け入れることができずに、
流れてくる情報をシャットアウトした記憶や、
無かったことにしたいという感情もあります。

みなさんそれぞれの記憶の中に多くの気持ちを抱えて
あの時間、あれからの時間を過ごしてきたのではないでしょうか?

 

今朝、私はとてつもなく孤独で一人ぼっちのような気分で
目が覚めました。

今までなら、まあ、それは置いといてやることやらなきゃ!
と鼓舞することもあるのですが、
今日は立ち止まることにしました。

目の前にあることは、あたり前じゃないのだ。
そんなことを思い出しています。

暖かい食事をあたたかい場所で食べられること、
家族とコミュニケーション取れること、
生きてること。

自分ができることは、
自分が担っていることを小さくても進め続けること。

 

それは決して目の前にあるタスクを
当たり前にこなすことではありません。

 

感謝という気持ちを携えて
自分の存在理由を問う。

そんな立ち止まる時間を持ってみてはいかがでしょう?

 

関連記事

  1. Topic07 『何のために生きてるのか?』

  2. Topic 01 『上手なベストの尽くし方』

  3. 2015年、感謝の言葉

  4. (海外転居のお知らせ)

  5. Topic05 『人がタイプ分けを好きな理由』

  6. にじみ出る個性でモテてしまおう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。